マグノリアカンパニー

映像制作 VIDEO PRODUCTION

 

マグノリアカンパニーの映像制作

専門性の高いプロスタッフ

長年テレビで番組を作り続けているスタッフ、 テレビCMを作り続けているスタッフ、CGやアニメーションを作り続けているスタッフなどが、スキルやテクニックを最大限に活用しユニークでオリジナリティあふれる独自性の高いプロモーション映像を制作します。

調査・取材に基づく効果的な映像

プロモーションする国内外の対象者、あるいは国のマーケット事情、習慣、文化などを調査することによって魅力的で的確な表現で商品や会社のPR映像を制作していきます。

自社スタジオ

4K映像にも対応するデジタル編集システム、字幕テロップをデジタルデータとして取り込むシステム、そして音声収録環境とProtoolsによるダビングまで、自社スタジオならではの即応性とワンストップ制作が可能です。

自社スタジオ

あらゆる用途の映像に対応

会社案内・商品紹介

貴社の事業や商品の価値を、映像ならではの多彩なアイデアで伝えることができます。

人材育成・教育研修

研修用映像等、映像を活用することで、学ぶべきことを的確にわかりやすく伝えることができます。

式典・展示会

式典を盛り上げ、参加者の一体感をつくりだすことも映像の効果です。展示会でも映像を使って視覚的に表現する事で、意図が印象的かつ効果的に伝わります。

リクルート(人材採用)

人材募集のために貴社の概要を魅力的に伝える映像コンテンツ。特に若い方々に訴求するためにさまざまな工夫を凝らした動画を制作いたします。

テレビ番組制作

日本国内向け、海外放送向け、さまざまなテレビ番組制作の実績があります。

CM制作

テレビ、Webを問わず、日本国内、海外に向けたコマーシャルを制作いたします。実写、アニメーション、CG等、さまざまな表現方法と演出で作り上げます。

翻訳会社ではありませんが、
30か国語で映像、
おつくりします!

日本語以外の言語で映像をつくり、世界各国に情報発信すること。
それこそが、マグノリアカンパニーが最も得意とする事業です。

弊社は国内外で通用するコンテンツをつくり上げるために、映像制作と映像翻訳において専門的なスキルを持っております。
動画内の言葉を訳すには、単なる翻訳ではない専門的な技術や知識が必要ですが、それだけでは決して充分とは言えません。
マグノリアカンパニーでは、これまでの経験や実績から、海外への情報発信は言葉を置き換えるだけでは不十分だと考えています。

日本の常識は世界の非常識。
こう言われることが度々ありますが、わたしたちは海外の人たちには理解できないこと、
ましてや嫌われるようなことは、映像表現では注意深く避けるよう心掛けております。

その例をご紹介しましょう。

海外でも人気の和食ですが、食器を手に持って食べる習慣は西欧にはありません。
むしろマナー違反や下品と映ることがあります。

日本人の女性が大好きな血液型の話題。
海外の人に「あなたの血液型は?」と尋ねても意味不明です。
吸血鬼なの!? と思われてしまうかも。

何気ない動作でもっと深刻な誤解を与えてしまうこともあります。
レストランで、手の平を見せながら手を高々と上げて店員を呼ぼうとしたらどうでしょう。
そこがドイツやその周辺国なら、まわりから険しい視線を浴びせられるかもしれません。
あなたは無意識にナチス式の敬礼をしてしまったのです。

逆に日本人には当たり前でも、海外では意外に人気のある日本独特な物事を丁寧に切り取って発信していきます。
このように言語以外の映像表現方法にも工夫を凝らしています。

豊富な経験と実績

テレビ番組、CM、企業や商品のPR映像、研修用映像、リクルート映像、イベントや展示会用のスクリーン映像など、さまざまな映像を制作しております。映像制作、翻訳、スタジオ作業をワンストップで行うことができますので、迅速できめ細やかな対応が可能です。
そうした実績が認められ、多くのお客様から評価をいただいております。