オンエア情報

弊社で制作したテレビ番組をご紹介します。

NHK BS1 BS世界のドキュメンタリー  

バシャール・アサド ~独裁と冷血の処世術~  

≫2017年5月24日(水)午前0時00分~

5年に渡る内戦で、「自国民を容赦無く殺戮する冷酷な独裁者」というイメージが定着したシリアのアサド大統領。彼の地位と戦略はどのように築かれたのか。謎の人物像に迫る。 父の跡を継ぎ34歳で大統領となったアサド。当初、欧米諸国は、イギリス留学経験があり、英国育ちの妻を持つ彼に民主的な治世を期待したが、アサドは父親の強硬路線を継承。内戦後はISの脅威を利用し、ロシアの支援を取りつけて、反政府勢力には化学兵器の使用も辞さない強硬路線に出た。“自分が権力を失えば中東はさらなる混乱に陥る”として国際社会を翻弄するアサドの、権謀術数と自己保身の原点はどこにあるのかを掘り下げる。

アレッポ 最後の男  

≫2017年5月23日(火)午前0時00分~

空爆が常態化し、陥落が目前に迫ったシリアのアレッポ。瓦礫の下から住民を救う「ホワイト・ヘルメット」の男達を通して、“今世紀最悪の人道危機”の真実を明らかにする。 昼夜を問わず砲弾の雨が降るアレッポで、ホワイト・ヘルメットの一員として活動するハレドは2人の子どもを育てる父親。戦闘機の音が聞こえるたびに空を見上げ、爆撃された建物へ向かい、いつ戦闘機が戻ってくるかわからない恐怖と戦いながら人命の救助を行う。人々の命を守りたいと願う彼らだが、家族を危険にさらしてまでここに留まるべきなのか、日々自問自答を繰り返す。戦争とはどのようなものかを克明に描いたドキュメンタリー。

ノルマンディー上陸作戦のすべて(再)  

≫2017年5月5日(金)午後5時00分~

1944年6月6日に決行され、ナチス・ドイツ打倒の突破口となったノルマンディー上陸作戦。兵士の体験や専門家の分析を元に、最新のグラフィックスで作戦の全貌を描く。 この日、連合軍は4000隻の船で次々と兵士を輸送したが、過重装備のために溺れる者が続出。更に上陸に成功した者も後続の兵士に場所を空けるために前進を強いられ、ドイツ軍の機銃掃射にさらされることになった。空前の激戦となったオマハビーチにおける連合軍側の死者は全体の半数にも及んだ。歴史の分岐点となったD-DAYの全貌を、生存者の証言と最新技術で制作したCGを駆使して再現する。

喜劇王対決 チャップリン VS キートン  

≫2017年5月4日(木)午前0時00分~
≫2017年5月11日(木)午後5時00分~

ハリウッドにおけるスラップスティック喜劇映画の黄金時代を築いたチャップリンとキートン。作風も、短編喜劇後に送った人生も全く違う2人の天才を徹底比較する。 鋭い人間観察で笑いのみならず観客の涙も誘ったチャップリンに対し、“無表情”で疾走し続け、過激なアクションをこなしたキートン。映画界がサイレントからトーキーへと移り変わる激変期を経て、キートンは急速に忘れられ、チャップリンも『モダンタイムス』をきっかけにマッカーシズムの標的になる。対照的な喜劇の王様の生涯を追いながら、映画の都ハリウッドや20世紀のアメリカ社会の変遷も描く。

眠りの科学(再)  

≫2017年4月27日(木)午前0時00分~

情報の洪水とストレスに晒され、健康的な眠りを得ることが難しくなっている現代人。睡眠について分かった最新の知見を紹介し、眠ることの大切さを教えてくれる科学番組。 睡眠時間が足りないと食欲増進と抑制に関わるそれぞれのホルモンバランスが崩れ、スナック菓子を食べるようになるという。また、後頭連合野は20時間以上働き続けられないため判断力も著しく鈍る。また、長期の記憶は睡眠中にファイリングが行われて形成されるため、十分な睡眠が取れないと記憶力も格段に落ちてしまうという。昔と比べて睡眠時間が2時間も短くなったといわれる現代人に警鐘を鳴らす。

贋(がん)作師 ベルトラッチ ~超一級のニセモノ~(再)  

≫2017年4月26日(水)午前0時00分~

被害総額45億円以上、2000点に及ぶ有名画家のニセ作を販売した世紀の贋作画家・ベルトラッチが創作の裏側を公開。彼はいかにして美術業界全体を騙すことができたのか。 マックス・エルンスト、フェルナン・レジェなど20世紀アーティストの精巧な贋作を本物として売り続けたウォルフガング・ベルトラッチ。美術史、絵画の理論、技術のすべてに造詣が深く、既存のコピーではなく“本人が描いたに違いないと思わせるオリジナル作品”を生み出していた。のみの市で画材を探すところからアトリエで贋作を仕上げるまで、驚愕の制作手法も再現。美術作品の価値とはいったい何なのか、を我々に問いかける。

オーストラリア 難民“絶望”収容所(再)  

≫2017年4月25日(火)午前0時00分~

移民の国、オーストラリアの難民政策の驚くべき実態とは―?船でオーストラリアを目指す難民の上陸を拒否し、近隣の島国にある劣悪な環境の収容所に収監するシステムを暴く。 オーストラリアの現在の難民政策は「ストップ・ザ・ボート」。命がけで航海してきた難民の船を阻止してナウル諸島やパプアニューギニアに送還し、大金と引き換えに彼らを受け入れさせているのだ。電気も水もない場所で長期間の集団生活を強いられ、絶望した難民が自殺に追い込まれるケースが多発している。また収容所では待遇改善や自由を訴えて暴動が起きているという。収容所スタッフのインタビューと隠しカメラの映像で告発する。

ようこそ!トランプワールドへ(再)  

≫2017年4月4日(火)午前0時00分~

トランプを支持したサイレント・マジョリティー(声なき多数派)とはどんな人々なのか。グローバル経済によって産業と雇用を失い、トランプに希望を託す人々の姿を描く。 トランプの当選を決定づけたのは、アメリカ中部から南部に広がる「ラストベルト=さびついた工場地帯」の人々からの支持。かつては重工業や製造業で栄えたが、工場の海外移転などによって多くの労働者が仕事を失い、苦しい生活を強いられている白人労働者とその家族たちだ。ラストベルトを訪ね歩き、ワシントン政治や大手メディアに無視され、アウトサイダーのトランプに賭けざるを得ない人々の心情を浮き彫りにする。

サッカーに希望を託して ~シエラレオネ 片足の選手たち~  

≫2017年3月29日(水)午後11時00分~
≫2017年3月30日(木)午後5時00分~

残酷な内戦で足や手を失った若者たちによるサッカーチームに密着。差別や貧困に苦しみながら自分たちが輝く瞬間を求め、人間の尊厳を取り戻そうとする選手たちの姿を描く。 西アフリカのシエラレオネ。90年代の内戦で、反政府勢力が市民の手足を見さかい無く切断した残虐行為で知られる。この国に、強靱な肉体で松葉杖を操り、障害者サッカーのW杯を目指す選手たちがいる。片足を失い、妻に捨てられ、物乞いをしながら子供を育てるボルノーは、チームへの交通費の支給が打ち切られることになり、さらに苦しい立場に。ボルノーとチームメイトは、唯一の希望であるサッカーを続けることが出来るのか。

プリンセス・ショウ ~新時代の歌姫誕生~  

≫2017年3月22日(水)午後11時00分~
≫2017年4月20日(木)午後5時00分~

38歳の介護士・サマンサは、自作の歌をネットに投稿するのが唯一の楽しみ。ある日、外国のアーティストが彼女の曲をアレンジしたところ、世界的な大ヒットとなる。 ニューオリンズの老人ホームで働きながら“プリンセス・ショウ”の名前で歌を投稿し続けるサマンサ。視聴者はわずかだったが、虐待を受けた幼少時代の記憶をもとに作った曲が、たまたまイスラエルの映像作家・クティマンの目に留まる。クティマンが彼女の動画に様々な楽器をミックスして公開すると、再生回数は200万ヒットを記録。サマンサはイスラエルでライブを開催するまでに。シェフィールド観客賞の現代版シンデレラ物語。

チェルノブイリ“鋼鉄シェルター・プロジェクト”のすべて  

≫2017年3月6日(月)午後11時00分~
≫2017年4月5日(水)午後5時00分~

チェルノブイリ原発の事故後、原子炉を覆ってきた「石棺」が老朽化したため、さらにそれをカバーする巨大シェルターがこの冬、完成した。前代未聞のプロジェクトを記録。 世界に衝撃を与えたチェルノブイリ原発事故から30年余り。核燃料が入ったままの原子炉を覆う「石棺」が老朽化し、放射線漏れの懸念が高まっているため、世界40カ国が総額16億ドル(1800億円)を出資して、巨大な鋼鉄製のシェルターが作られた。離れた場所で組み立てられた3万2千トンの構造物を、レールの上を移動させて石棺を覆うという世界初の試み。その一部始終をNHKを含む国際共同制作チームが独占取材した。

サウンドハンター  

≫2017年2月20日(月)午後11時00分~
≫2017年3月21日(火)午後5時00分~

私たちの周りに溢れるさまざまな音。都会で、田舎で、ありとあらゆる音源を大量に採集・加工してユニークな楽曲を作り出すサウンドハンターたちの、驚きの創作活動を紹介。 パリで活動する男女デュオのポップロックバンド・KIZが案内役となり、各国のサウンドハンター達を訪ね歩く。雨音、駅のアナウンス、コーヒーを注ぐ音、さまざまな電子音・・・日常の音が音楽になり、見慣れた物が楽器になる、私たちの常識を覆すパフォーマンスの数々。編集もビデオクリップ風に凝った、アート・ドキュメンタリー。FIPA国際テレビ映像フェスティバルで金賞を獲得するなど受賞も多数。

金門橋のジジ 再び空へ(再)  

≫2017年2月7日(火)午後5時00分~

サンフランシスコで見つかった飛べないペリカン、ジジ。幼い頃からペリカン好きだった女性ディレクターが、ジジがリハビリを経て大空に飛びたつまでを記録する。 ゴールデン・ゲート・ブリッジで偶然、飛べないペリカンを見かけたディレクターは、サンフランシスコ郊外にあるリハビリセンターを訪れ、環境破壊よって野生のペリカンの数が減少していることを知る。衰弱して運び込まれたペリカンたちは次第に人間に慣れ、愛らしい表情を見せるが、野生に戻ることができるとは限らない。スタッフの懸命なリハビリによって羽ばたきを始めたジジが、野生に戻れる日はいつなのか。

空から見るガウディの迷宮 バルセロナ(再)  

≫2017年1月25日(水)午後5時00分~

世界的な都市の屋上には、地上からは決して見えない魅力的な風景と生活がある。パリ・バルセロナ・NY・ブエノスアイレス・東京を、圧倒的な映像の力で描く異色紀行番組。 アントニ・ガウディが設計したユニークな建物が美しい町並みに溶け込むバルセロナ。天才建築家は家の概観、内装のみならず、屋根の上にまで独創的な造形を施した。キノコのような煙突が並ぶカサ・バトリヨ、複雑な曲線が入り組むカサ・ミラなどをガウディ建築修復の専門家とともに見ていく。また、屋上から見る街の景色に取り憑かれた画家、中世の宗教音楽コンサート、カタロニア伝統の人間ピラミッド、屋上菜園などを訪ねる。

歴史と粋の屋根の上 パリ(再)  

≫2017年1月24日(火)午後5時00分~

世界的な都市の屋上には、地上からは決して見えない魅力的な風景と生活がある。パリ・バルセロナ・NY・ブエノスアイレス・東京を、圧倒的な映像の力で描く異色紀行番組。 歴史的建造物がひしめくパリ。1900年の万国博覧会会場、グラン・パレの巨大なガラス屋根やセーヌ川を見下ろすトゥール・ジャルダンでハチミツを集める養蜂家や、装飾が施された美しい屋根を修復する職人たちを訪ねる。ナポレオンが眠るアンヴァリッドではドームと屋根の秘密を探り、他にもオシャレな庭園や、屋根から屋根へと飛び移る新スポーツ“パルクール”を楽しむ人など、パリジャンの粋な屋上ライフが満載。


NHK World: A CENTURY ON FILM(新・映像の世紀 英語版) 

Manhattan: Crucible of an Era(再)  

≫2017年4月29日(土)午後11時10分~
≫2017年4月30日(日)午前5時10分~
≫2017年4月30日(日)午前11時10分~
≫2017年4月30日(日)午後5時10分~

By the 1920's, Manhattan is a warren of skyscrapers. It pumps out huge volumes of information, and feeds the burgeoning desires of the masses. Everyone is on the make for wealth and pleasure. Manhattan is forging a new mass society. In this episode, we turn our lens to American society in the 1920's, a world of light and shadow, of celebration and despair. We also see Duke Ellington, Babe Ruth, Charles Lindbergh and Japan's imperial succession.

Perfecting Mechanized Killing(再) 

≫2017年4月22日(土)午後11時10分~
≫2017年4月23日(日)午前5時10分~
≫2017年4月23日(日)午前11時10分~
≫2017年4月23日(日)午後5時10分~

In 1914, Paris is only 50 kilometers from the fighting on the Marne River. The French army commandeers 600 Renault taxis to ferry reinforcements to the front. Moving images capture the birth of weapons of mass destruction such as poison gas, aerial bombing, and the first armored tanks inspired by tractors, as well as the carnage they caused. Winston Churchill and Charlie Chaplin also appear, as we trace the arc of war. After the armistice, we see an American Red Cross prosthesis workshop in Paris where the many disfigured by war come seeking masks to conceal their scars.

上記、英語版作品の視聴はこちらからどうぞ


Eテレ:モーガン・フリーマン 時空を超えて 「“生殖”は変化するのか?」  

≫2016年1月13日(金)午後10時00分~

数百万年変わらなかった、ヒトの生殖に革命が起きるかもしれない。二人の父親、二人の母親から子どもが生まれる?性の営みがなくなる?命の誕生を巡る様々な研究に迫る。 ある遺伝学者は、カンガルーと人間の遺伝子を比較し、人類の未来を予測。人間は将来的に有性生殖をしなくなる可能性を指摘。ある生殖医療の専門家は、胚性幹細胞に着目。どんな細胞でも作り出せるということは、男性から卵子を作ることもできるかもしれないと考えている。遺伝上の親を三人にすることで、深刻な疾患を未然に防ごうという試みも。生殖を巡る驚きの研究の数々。性の営みは、本当に消えてなくなるのか?


BS日テレ:ROCK LEGENDS  

≫毎週日曜 午後11時30分~

時代を超えて愛される伝説のロックスターたち。彼らのミュージシャンとしての輝かしい歴史とその音楽がいかに世界のポップカルチャーに影響を与えたかを描くシリーズ。 音楽史に残るパフォーマンスやミュージックビデオなどの豊富な資料映像と、彼らをよく知る音楽関係者のインタビューで時代のアイコンとなったロック界のスーパーアーティストたちに迫る。 デヴィッド・ボウイ、エリック・クラプトン、クイーン、U2など、伝説のロックスターたちの活躍とその素顔を描く。